モグニャン キャットフード 下痢

キャットフードが原因で下痢になる?

Amazonでモグニャンキャットフードの口コミを見てみたら、「愛猫が下痢になった」、「軟便になった」、「モグニャンを食べて吐いた」などの口コミが書いてありましたが、果たして本当なのでしょうか?

 

気になりましたので、猫ちゃんが下痢になる原因を調べてみました。

 

脂質の多いキャットフードを食べると下痢や軟便になる体質の猫ちゃんもいてるそうで、愛猫がそういう体質なのかどうなのかは、飼い主が見極めるしかありません。

 

人間でも急に脂分の多い食事を続けると、軟便や下痢になるように、猫ちゃんも一緒で、急に脂質の多いキャットフードに変えると軟便や下痢になったりするそうです。

 

ここだけの話、私も脂分の多いお肉や揚げ物を食べ続けたりすると、下痢や軟便になります・・・

 

ですが、モグニャンキャットフードでは低脂肪の白身魚が主原料で使用されていますので、成分表では脂質は16%となっており、カナガンの脂質20%や他のプレミアムキャットフードよりもはるかに脂質は低く、高過ぎるということはありません。

 

逆に繊維質が3%となっていますので、人間と同じように食物繊維が腸のサポートをしてくれます。

 

食物繊維3%というのも、他のプレミアムキャットフードと比較しても多い方かと思います。

 

ですので、我が家の猫ちゃんはモグニャンキャットフードを食べても、食物繊維がしっかりと含まれていて、整腸作用のある原材料も含まれていますので、コロコロのうんちでスッキリ安心しました。

 

他に、下痢や軟便になる原因としては、今までと明らかに異なる原材料や成分のキャットフードを与えたときや猫ちゃんの食事を切り替えるタイミングにも関係があるそうです。

 

 

 

今まで粗悪な原材料や危険な添加物まみれのキャットフードから、グレインフリーでヒューマングレードのキャットフードに切り替えた場合では明らかに原材料と成分が違い過ぎますので、少しずつゆっくりと時間をかけて切り替えていく必要があります。

 

これはモグニャンキャットフードに限らず、全てのキャットフードに言えることですが、猫ちゃんのフードを新しいものに切り替える時はゆっくりと時間をかけて切り替えてあげてください。

 

急に原材料と成分が異なる新しいキャットフードだけを与えてしまうと、猫ちゃんの身体はデリケートですので体がビックリし、体調を崩して下痢や軟便になる可能性もあります。

 

切り替える期間としてはだいたい1週間から10日といったところでしょうか。
日にちが経つにつれて、今まで与えていたキャットフードに少しずつモグニャンを混ぜて、その混ぜる量を増やしていくといった感じです。

 

モグニャンを粉末状にして今までのキャットフードにふりかけてあげる方法もオススメですよ!

 

このように猫ちゃんの食事を切り替える時は特に気をつけてあげないと、猫ちゃんの体はデリケートなので下痢や吐いたりすることがあります。

 

もし、これでも猫ちゃんの下痢や軟便が治らない時は、すぐに動物病院に行き、先生に相談するようにしましょう。

 

猫ちゃんが吐く原因は?

 

猫ちゃんが病気以外で吐く原因が何か気になったことはありませんか?

 

愛猫がドライフードを食べた後すぐに、形が残ったままのドライフードを吐いたりしたら心配になりますよね?

 

実は我が家の猫達が、たまーに食べた後すぐに、ドライフードそのままの形状の状態のを吐き出したりするんです。

 

心配になったので、ネットで調べたり、動物病院の先生に相談した事があるのですが、吐いたものに血液や異物が混ざっていないのであれば、病気の可能性は低いとのことでした。

 

ではなぜ猫ちゃんがフードを吐くのか。

 

猫ちゃんが急ぎ食いをしてしまう場合、急いで食べ過ぎて消化不良により吐くことがあるそうです。
ガツガツと食べてしまうタイプの猫ちゃんはこのような原因が考えられます。

 

体内に溜まった毛玉を吐き出すためにわざと吐く場合もあります。

 

他にも猫ちゃんが吐く理由は色々あるみたいですので、あまりにも吐く回数が多い場合はすぐに病院に連れて行った方がいいです。

 

急ぎ食い以外の消化不良が原因で吐く場合は、消化吸収の良い原材料が使用されたグレインフリー(穀物不使用)のモグニャンキャットフードを試してみるのもいいと思いますよ^_?☆

 

猫ちゃんの急ぎ食い、ガツガツ食いが治らない場合は、量を減らし、回数を分けて時間をおきながら少しずつ与えることや、食器台を設置して高さを出してあげるか、高さのある食器にするのもオススメです。

 

私は我が家の猫達が、カリカリと音をたてて食べているところを見るのが好きなのでよく見ているのですが、我が家の猫達は急ぎ食い、ガツガツ食いのタイプの猫のような気がしました。

 

ですので、それで吐いているのではないかと思ったので、フードの量を減らし、回数を分けて、時間をおきながら少しずつ与えることにしました。

 

それと同時に、食器の高さもあげました。

 

すると、毛玉を吐き出す時以外、ほとんど吐かなくなったのです!

 

愛猫のために努力したかいがありました!

 

あと、猫ちゃんの食事の時は新鮮なお水も用意してあげてくださいね。

 

猫ちゃんはもともとあまり水分を取らない動物ですが、水分不足が続くと腎臓病になるリスクも高くなりますので、できるだけ水分を多く取れるようにしてあげてください。

 

我が家では猫ちゃんにできるだけお水を飲んでもらえるように、活性炭フィルターを通して、お水が自動で滝のように流れる給水器を置いています。

 

 

 

愛猫が下痢や嘔吐をしないように、キャットフードを切り替えたり、食器や給水器を変えたりしてみるのもいいと思いますよ。

 

⇒モグニャンキャットフード公式サイトはこちら