モグニャン キャットフード 目やに

モグニャンキャットフードで目やにが出るという噂は本当?

我が家では、猫ちゃんにモグニャンを食べさせているのですが、噂が気になり、心配でしたので、モグニャンキャットフードが原因で目やにが出るようになったりするのか、調べてみました。

 

調べていてわかったことが、猫ちゃんの目やにが出る原因には大きく分けて3つのポイントがあるそうです。

 

気になる目やにの原因について見分ける方法を、ご紹介したいと思います。

 

今すぐモグニャンキャットフードの詳細を知りたい方はこちらです

↓↓↓↓↓↓↓

>>モグニャンキャットフード公式サイト<<

 

目やにを見分ける3つのポイント

 

猫ちゃんに目やにが出ていると、心配になる方もおられると思います。

 

ですが、目やにが出ているからといって、慌てる必要はありません。

 

どんなに健康な猫ちゃんでも乾いた茶色い目やには出るものなので、それは正常です。

 

私達人間でも、寝起きは目やにがついていることがありますよね?それと同じです。

 

心配なのは、ネットリとした白っぽい目やにや、黄色や緑色の目やにです。

 

この色の目やにが出ていたら、猫ちゃんの健康状態が悪化しているサインです。

 

猫ちゃんの出すサインを見逃さないように、毎日しっかりと観察してあげてください。

 

我が家の猫ちゃん2匹は私が家に帰ってくると、ずっとくっついてきますので、嫌でも観察することになりますw

 

目やにを見分ける3つのポイントは、

  • 色、乾き具合
  • 痛がっている様子はないか
  • 片目から出ているか、両目からでているか

 

この3つが目やにを見分ける時の主なポイントになります。

 

そして、この3つのポイントに関係してくる目やにの原因が

  • 外傷性
  • 感染症
  • アレルギー性

 

外傷性結膜炎

 

外傷による結膜炎とは、猫ちゃん同士のケンカやじゃれ合い、たまに自分で大きな瞳を引っ掻いてしまい、眼球に傷がついてしまい炎症を起こしてしまうことです。

 

外傷性結膜炎の場合、初めは白っぽい目やにが出ます。そして、傷から菌が入り進行すると膿が出てくるようになり、黄色っぽい目やにが出るようになります。

 

片目からのみ、この色の目やにが出ている場合は、外傷性の可能性がとても高いと思います。

 

目を頻繁に閉じたり、前脚で目を気にするなど、痛そうな様子ならかなり怪しいです。

 

外傷性結膜炎は活発で元気な猫ちゃんほどかかりやすい病気かもしれません。多頭飼いの方は、猫ちゃん同士がケンカやじゃれ合ったりしていたら、傷がついていないか、確認するようにしてあげてください。

 

我が家も猫ちゃんが2匹いてますので、異常がないか、毎日確認しています。

 

 

感染症

 

感染症にはいくつか種類がありますので、見分けるのは難しいかもしれませんが、目やにの色と量である程度は症状の判断ができます。

 

 

【ネコ風邪】
感染症の原因となるウイルスには、ヘルペスウイルス、カリシウイルスなど、さまざまなウィルスがあります。

 

ネコ風邪の時は白っぽい目やにや緑がかった目やにが両目から出てくることが多いのが特徴です。

 

ネコ風邪の時は人間が風邪をひいた時のように、鼻水やくしゃみ、咳といった症状も現れます。

 

猫ちゃんが何度も「クシュンッ!!」とくしゃみをしたら、ネコ風邪の可能性が高いです。

 

【クラミジア感染症】
猫クラミジアという小さな微生物、細菌が引き起こす感染症です。

 

ネットリとした粘着性のある黄色い目やにが出るのが特徴です。

 

感染すれば、慢性的な結膜炎となり長期化します。そして、3日〜10日後に、ほとんどの猫ちゃんがまず、片方の目が炎症を起こし、続いてもう片方の目にも感染します。

 

目の炎症とともに、くしゃみや咳、鼻水といったネコ風邪の症状も出るようになり、全身に病原菌がまわります。

 

クラミジア感染症の厄介なところは、粘液やうんち、オシッコからも感染してしまうので、2匹以上猫ちゃんを飼っている方は要注意です。

 

症状が悪化すると、死んでしまう可能性もあるので、黄色い目やにが出てきたら、すぐに動物病院に連れて行った方がいいです。

 

【マイコプラズマ性結膜炎】
マイコプラズマという病気は人間でもなりますので、知っている方もおられると思います。

 

人間でも肺炎になる可能性が高いこのマイコプラズマは、猫ちゃんでも肺炎の原因「第1位」なんです。

 

猫ちゃんがマイコプラズマになると、目やにと一緒に、サラサラとした涙が出て、さらに、目の充血が起こり、まぶたが腫れ、眼球全体に症状が現れるそうです。

 

マイコプラズマも咳とともに発熱があり、長期化するのが特徴です。

 

そして、咳も止まらず呼吸が荒くなり、苦しそうな様子なら、命に関わる危険信号です!

 

重症化して肺炎を起こし、死んじゃう猫ちゃんがたくさんいます。

 

マイコプラズマは他の猫ちゃんや、人間の子供にまで感染する可能性が高いので、すぐに動物病院に連れて行くようにしてください!

 

アレルギー性

【ハウスダスト】
猫ちゃんもハウスダストによるアレルギーの症状が出るのはご存知でしたか?

 

症状は人間と同じで、かゆみ、涙、目やにです。サラサラとした涙を流していたら、拭き取ってあげてください。

 

一時的なものでしたらいいのですが、長引くようなら慢性化してる可能性もありますので、1度、獣医師に相談した方がいいかもしれません。

 

【食品アレルギー】
危険な添加物が使用されているキャットフード。猫ちゃんが消化吸収の苦手な穀物類を主な原材料として使用しているキャットフードを食べさせ続けていると、アレルギー症状を起こして、目やにが出やすくなったり身体に悪い影響が出てしまう猫ちゃんがたくさんいます。

 

猫ちゃんに食べさせるキャットフードを変えるだけで、アレルギー症状が改善されるケースもあります。

 

チキンやサーモンに関してはアレルギー持ちの猫ちゃんもいるので、モグニャンではあえて白身魚を使用しています。

 

そして、一般的にアレルゲンになりやすい食材を全て排除しているので、本当にアレルギーなどの安全性に配慮して開発されたキャットフードです。

 

モグニャンは猫ちゃんが苦手な穀物類を使用しないグレインフリーのキャットフードで、危険な人工的添加物も一切使用されていません。

 

他の原材料も、赤ちゃんの離乳食でも使われるほど上質で新鮮なものが使われていますので、猫ちゃんにとっても安全で安心して食べさせてあげることできます。

 

保存料は、自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)が使われています。

 

BHAやBHTなどの酸化防止剤が使われていないので、賞味期限が短いのがデメリットですが、そこが安全で安心して食べさせられるキャットフードの証拠でもあります。

 

白身魚がメインのモグニャンは高タンパク、低カロリーなので、お魚好きの日本の猫ちゃん、室内飼いの猫ちゃんにはオススメですよ^_?☆

 

猫ちゃんのアレルギー症状で悩んでいる方、どんなキャットフードを食べさせればいいのか、悩んでいる飼い主の方は1度モグニャンキャットフードを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>モグニャンキャットフード公式サイトはこちら<<